whitening_keyvisual

 

歯を白くする方法について歯を白くする方法について

ホワイトニングの方法は、3つあります。「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「審美歯科治療」です。

オフィスホワイトニング

クリニックで行うホワイトニングのことです。過酸化水素水を含む薬品を歯に塗ったあと、レーザーやプラズマ、ハロゲン等を使って活性化させ、色素を分解・無色化します。即効性があり、その場で効果を実感できます。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングで、マウスピースに過酸化水素水を含む薬品を入れ、一日1~2時間装着するというものです。即効性はありませんが、いつでもどこでもという点で手軽なため、本場米国では主流のようです。

審美歯科治療

主にセラミックといった陶器の素材の詰め物被せ物を用いて、歯を根本的に白くしていく方法です。

 

審美歯科とホワイトニングの違い審美歯科とホワイトニングの違い

簡単に言ってしまいますと2つの点で違いがあります。
それは「歯を削るかどうか」「白さを維持できるかどうか」です。
 
歯を削るかどうか
「審美歯科治療」
歯を削る必要があります。
 「各種ホワイトニング」
薬剤を用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません。
 
白さを維持できるかどうか
「審美歯科治療」
お好みの色を再現することができ、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。
 「各種ホワイトニング」
歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。
このように治療法で一長一短がありますので、あなたにとって一番良い方法はこれですとは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。
 
以下、当院で扱っている「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」のご紹介をいたします。

 

短い期間で歯を白く~オフィスホワイトニング~短い期間で歯を白く~オフィスホワイトニング~

当院のオフィスホワイトニングは日本人に適した次世代ホワイトニングシステムのコスモブルー(GC社)を使用しています。コスモブルーはLEDを使っておりますので、従来のホワイトニングのように発熱によって歯がしみたりする心配がほとんどなく、しかも複合波長のLEDの光が安全に、しかも安定したエネルギーをホワイトニング材に与えることが出来るため、従来のホワイトニングシステムよりも効果が期待できます。歯がしみてホワイトニングを十分出来なかった方や、すぐ後戻りしてしまった方には最適のシステムです。
img120720-1

ビフォー
アフター

img120720-2

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

メリット ・ホームホワイトニングと異なり短期間で効果が出る
・正確に色をコントロールできる
デメリット ・後戻りが比較的早い

 

ご自宅でいつでも歯を白く~ホームホワイトニング~ご自宅でいつでも歯を白く~ホームホワイトニング~

当院でのホームホワイトニングでは、GC社のホワイトニングシステムTionを利用しています。
ドクターの指導を受けながら、患者様ご自身がご自宅で行っていただきます。ご自宅で行えるため好きな時間に行なうことが出来ます。オフィス・ホワイトニングよりもゆっくりと時間をかけて行いますので、薬が深くまで浸透し、オフィスホワイトニングと比べて白さの効果も長続きし、
自然な色合いの白さが出ます。

ホームホワイトニングの流れ

1.当医院にて歯型をとり、患者様の歯並びに合ったマウスピースを作ります。
2.そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。
3.変色の程度にもよりますが、1日2〜4時間で、最長2週間続けます。
4.2週間に一度は通院していただき、歯の状況やマウスピースが変型していないか診断します。

ビフォー
アフター

whitening_02-03

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

メリット ・通院回数が少なくて済む
・すべての歯のホワイトニングが容易
・オフィスホワイトニングと比べて、白さが長期間維持できる
デメリット ・色の調整が難しい
・知覚過敏が発生しやすい
・患者様の手間を必要とする

 

白さの持続期間は?白さの持続期間は?

これは非常に気になることですよね。
残念ながら永遠に白さが維持されることはありません。
どのホワイトニング剤を使っても同じです。白さが維持される期間は、生活習慣、日ごろのお手入れなどによって個人差があります。
 
白さを長期間維持するためには、着色しやすい食べ物をとらないことや、ホワイトニングメンテナンス用の歯磨き粉を使う事をお勧めします。

また、ホームホワイトニングより、オフィスホワイトニングの方が後戻りしやすい傾向がありますので、オフィスホワイトニングの場合は3~6カ月後に追加のホワイトニングを繰り返すことで後戻りを防止することが可能になります。ホームホワイトニングに関しては2~3年に一度の追加ホワイトニングが目安となります。

この追加ホワイトニングを「タッチアップ」というのですが、これを定期的に行うことにより、変色しにくい歯になっていくという研究報告があります。

「通いやすい」「続けやすい」ホワイトニングならコチラをチェック
officewhitening_banner
homewhitening_banner

mouth_tel
mouth_pc