ceramic_keyvisual

ceramic_jiru
ceramic_all
ceramic_metal
ceramic_gold
ceramic_core

 

ジルコニアセラミック | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科ジルコニアセラミック | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科

ジルコニアセラミックジルコニアセラミックとは、通常のオールセラミッククラウン(セラミックの被せ物)の内側にジルコニアを使用しものです。従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。
ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。
※前歯の場合は¥69,800

ジルコニアセラミックの長所

・金属よりも硬く丈夫(曲げ強度が高いので割れにくい)
・金属アレルギーが起こらない
・自然な噛みごこちで軽い(金の1/3の軽さ)
・変色のない材料である
・奥歯でも使用が可能である(咬む力が強い方でもOK)

ジルコニアセラミックの短所

・とても硬いので、セット後に問題が生じた場合除去が困難である
・外側は通常の陶材(セラミック)なので、外側が割れる場合がある

 

オールセラミック | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科オールセラミック | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科

オールセラミックオールセラミックとは、名称の通りすべてが「セラミック」でできています。 天然歯のようなきれいな色合いで、とても白くて美しく自然で、変色もなく、周りの人に気づかれることはありません。 すべてがセラミックでできているため、メタルセラミックに比べて、色調や透明感がやや勝ります。逆に、メタルセラミックに比べるとほんの少しですが、やや割れやすいことが弱点です。 また、セラミックは細菌が付着しにくい材質であるため、汚れや細菌が付着しにくく、虫歯や歯周病の再発リスクが少ないという特徴があります。
※前歯の場合は¥69,800

オールセラミックの長所

・すべてがセラミックなので、より天然歯の色合いにとても近く美しい
・表面硬度が高いため、摩耗しにくい
・色素が付着しにくいので、時間が経過しても変色しない
・細菌が付着しにくいので、虫歯や歯周病になりにくい
・金属を使っていないため、金属アレルギーがまったく生じない

オールセラミックの短所

・強い衝撃を受けると割れる可能性がある

 

メタルセラミック | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科メタルセラミック | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科

メタルセラミックメタルセラミックとは、歯の内側に「金属」を使った、強度(耐久性)を重視したセラミックです。 セラミックの歯の第一選択として、多くの患者さんが最もよく選択される治療法です。とても白くて美しく自然で、変色もなく、また金属部分がほとんど見えないため、周りの人に気づかれることはありません。 ただ、内側に金属を使用しているため色調や透明感は、オールセラミックに比べて、ほんの少しですが劣ります。 しかし非常に丈夫で長持ちし、奥歯やブリッジなどの強度や耐久性が求められる部分には、メタルセラミックが用いられます。
※前歯の場合は¥69,800

メタルセラミックの長所

・内側に「金属」を使用しているので、強い力がかかる奥歯やブリッジでも使用できる。
・天然歯の色合いにとても近く美しい。
・表面硬度が高いため、摩耗しにくい。
・色素が付着しにくいので、時間が経過しても変色しない。
・細菌が付着しにくいので、虫歯や歯周病になりにくい。
・金属アレルギーが少ない。

メタルセラミックの短所

・歯と歯茎の境目が黒ずむことがある。
・歯の美しさは、ジルコニアセラミックやオールセラミックにやや劣る。

 

ゴールド | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科ゴールド | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科

ゴールドゴールドとは、金合金や白金加金などの科学的に安定した貴金属を歯科修復材としたクラウンです。 しなやか(軟らかい)な金属で歯との相性は抜群です。 金属色にはなりますが、歯科修復材として高く評価されており、奥歯(臼歯)など目立たないところにお勧めです。歯科医師の中でも臼歯部にゴールドを入れている方が多いことなどから、その健康面での価値は折り紙つきだと言えます。
※前歯の場合は¥69,800

ゴールドの長所

・やわらかいため、噛み合う歯にやさしい
・歯との密着性が高く、接合面の虫歯(二次う蝕)になりにくい
・金属アレルギーが起こりにくい
・長期的な歯の変色がほとんどない
・汚れや雑菌が付着しにくく衛生的

ゴールドの短所

・前歯など目立つ部分で使用できない
・臼歯部でも大きく笑うと見える場合がある

 

ファイバーコア | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科ファイバーコア | 前歯専門審美歯科サロン 池袋ファースト歯科

ファイバーコア大きな虫歯などにより、歯に十分な量の歯質が残っていない場合には、人工の土台(コア)で歯を補強する必要があります。
歯質があまり残っていない歯に被せ物(差し歯)をつけても、すぐに取れたり、残っている歯が割れたりしてしまうからです。
歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、実はとても重要な治療なのです。どのような素材の土台(コア)を使うかによって、その歯に将来起きるかもしれないトラブルの発生率や歯の寿命が変わります。

歯の土台(コア)は、家に例えるならば基礎や柱に当たる部分で、家は基礎や柱がしっかりしていなければどんなに見栄えのよい家でも長持ちしません。これは歯の土台(コア)についても同じことがいえます。被せ物(差し歯)がきれいで長持ちするものでも、その下の土台(コア)や歯の根に問題が起きれば、抜歯や歯全体の再治療が必要になります。

歯質の少ない歯には、硬さやしなり具合が歯と似ているファイバーコアを使用することで、歯が受け止める力を分散して破折などのリスクを減らすことができます。当院では、歯の土台(コア)はファイバーコアが最良の方法であり、将来的に歯を守ることに繋がると考えております。

当院ではこのファイバーコアを含めた料金(一本¥10,000)で全て被せ物の治療を行っています。
通常被せ物の料金だけで10万円を超える医院がほとんどですので、非常にリーズナブルな価格で美しく健康な歯を手に入れることができます。

※前歯の場合は¥69,800

mouth_tel
mouth_pc