49800_keyvisual49800_keyvisual_smart

こんなお悩みありませんか?
¥49800セラミック治療はここが違う!
当院の患者様セラミック治療体験談
こんな方にセラミック治療がオススメです!
これが全て一本¥49,800!歯の被せ物ラインナップ
違うのは見た目だけじゃない!虫歯の再発を防ぐセラミック治療
最新セラミック治療Q&A
  49800_title_onayami 49800_nayami 49800_nayami_smart   49800_title_chigau 49800smart_title_chigau 49800_kaiketsu02 49800_smart_kaiketsu02-2   49800_title_taiken 49800smart_title_taiken
title_taiken
49800_taiken_01
「セラミック治療は高い」という理由で保険の銀歯を長年つけられてきたのですが、今回虫歯が再発してしまい、当院で銀歯を全てセラミックに入れ替えられました。セラミック治療なら見た目はもちろんのこと、虫歯の再発も防げるので健康面を気にされるかたにも大変オススメです!
49800_taiken_02
タバコやコーヒーなどの嗜好品でついた着色を気にされて来院されました。クリーニングとホワイトニングを受けて全体的に白くキレイなお口元になった時に、「奥歯のギラッとした銀歯が笑ったときに気になる」「せっかく綺麗になったのでついでに入れ替えよう」と気軽にセラミック治療を受けられました。他院の半額程度の料金なので、当初予定していなかった方も数多くセラミック治療を受けられていますよ。 !
49800_taiken_03
前歯に衝撃を与えたことによって神経が死んでしまい、インターネットで前歯の治療を専門的に行っている医院を探して当院に来院されました。一本だけの治療だったので¥49,800ポッキリで治療ができ、出来上がりにも非常に満足していただけました。
  49800smart_title_osusume
49800_gakusei
49800_ginba
49800_mushiba
49800_ceramic
49800_ippon
49800_whitening
タップすると電話が繋がります タップすると予約ページに移動します
  49800_title_lineup 49800smart_title_lineup ceramic_banner02  

49800_ceramicchiryou

  49800_title_QA 49800smart_title_QA 49800_qa_title
49800_qa1 予防や見た目の改善など、『最低限』以外の治療には原則、保険が適用されません。
日本の健康保険は「疾患」に対する「治療」が目的なので、残念ながら何らかの病気でなければ保険は使えません。
「歯の色が悪い」「歯並びをよくしたい」などは病気ではないとされているため、基本的に保険対象にはなりません。
また被せもの・詰め物の材質によって保険が利くものと利かないものに分けられています。
よってセラミックやゴールド、メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウンなどは保険が認められていない素材なのです。
49800_qa2 環境・条件によって変わりますが、多くの歯科医師が約10年と話しています。
それは、セラミック(陶材)が5~10年の長期間にわたり天然歯に近い色を持続させることができると言われているためです。
ただし、条件や環境によっては、これより短くなるし、逆に長く保つこともあります。
最近ではセラミック(陶材)の質が向上しているので、人工歯自体の耐久年数は延びてきています。
しかし、同じ詰め物をしても、もつ人ともたない人がいるように、日々のメンテナンスにより、耐久年数はかなり変わってきますので、歯科医院での定期的なメインテナンスをお勧めいたします。
49800_qa3 芸能人やモデルさんのように、外見を重要視する職業ではまだ健康な歯を削ってセラミックの被せ物をする人たちがたくさんいます。
基本的に健康で何の問題もない歯を削ることは、歯そのものに大変な負担をかけます。またクラウンやブリッジにしたものの、壊れやすい歯を作られたりすると、後でトラブルの元になりかねません。
当院ではセラミック治療だけではなく、ホワイトニングにも力を入れています。ホワイトニングであなたの本来の歯の色を取り戻すことができ、健康な歯を痛めませんので、こちらもぜひ参考にしてください。
officewhitening_banner homewhitening_banner
49800_qa4 良い先生かどうかを判断するのは、凄く難しいですが、ここではいくつかのポイントだけをあげておきます。

■ドクター選びのポイント
・メリットだけではなく、デメリットも話してくれるか?
・かかる費用や治療回数の目安を事前に話してくれるか
・自信を持って話してくれるかどうか
・治療をせかさないか
・治療の選択肢をいくつか提案してくれるかどうか?

今は、良くも悪くも歯科医院は多いので、他の病院で意見を聞いてみるのも方法でしょう。
■クリニック選びのポイント
カウンセリングをしていて、よく患者さんがいわれるのが病院が家の近くだったからと言われますが、お口は身体の大事な一部です。なので、しっかりとした歯科医院を選ぶ必要があると思います。

スタッフが元気に笑顔に対応してくれて、また、スタッフや先生がよく相談にのってくれる病院がおすすめです。今は、当院をはじめとし、無料カウンセリングを行っている病院がありますので、まずはカウンセリングで先生やスタッフの雰囲気を見てみるのも良いでしょう。

治療技術はあってこその前提でポイントをあげましたが、それ以外のこととなると、最後はその先生の誠実さだと思います。
当院では、よく話し合って納得されたうえで治療をすすめていきたいので、なんでも、疑問に思ったり、気になることがあったら聞いて欲しいと考えています。
49800_qa1_mobile
予防や見た目の改善など、『最低限』以外の治療には原則、保険が適用されません。
日本の健康保険は「疾患」に対する「治療」が目的なので、残念ながら何らかの病気でなければ保険は使えません。
「歯の色が悪い」「歯並びをよくしたい」などは病気ではないとされているため、基本的に保険対象にはなりません。
また被せもの・詰め物の材質によって保険が利くものと利かないものに分けられています。
よってセラミックやゴールド、メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウンなどは保険が認められていない素材なのです。
49800_qa2_mobile
環境・条件によって変わりますが、多くの歯科医師が約10年と話しています。
それは、セラミック(陶材)が5~10年の長期間にわたり天然歯に近い色を持続させることができると言われているためです。
ただし、条件や環境によっては、これより短くなるし、逆に長く保つこともあります。
最近ではセラミック(陶材)の質が向上しているので、人工歯自体の耐久年数は延びてきています。
しかし、同じ詰め物をしても、もつ人ともたない人がいるように、日々のメンテナンスにより、耐久年数はかなり変わってきますので、歯科医院での定期的なメインテナンスをお勧めいたします。
49800_qa3_mobile
芸能人やモデルさんのように、外見を重要視する職業ではまだ健康な歯を削ってセラミックの被せ物をする人たちがたくさんいます。
基本的に健康で何の問題もない歯を削ることは、歯そのものに大変な負担をかけます。またクラウンやブリッジにしたものの、壊れやすい歯を作られたりすると、後でトラブルの元になりかねません。
当院ではセラミック治療だけではなく、ホワイトニングにも力を入れています。ホワイトニングであなたの本来の歯の色を取り戻すことができ、健康な歯を痛めませんので、こちらもぜひ参考にしてください。 officewhitening_banner homewhitening_banner
49800_qa4_mobile
良い先生かどうかを判断するのは、凄く難しいですが、ここではいくつかのポイントだけをあげておきます。

■ドクター選びのポイント
・メリットだけではなく、デメリットも話してくれるか?
・かかる費用や治療回数の目安を事前に話してくれるか
・自信を持って話してくれるかどうか
・治療をせかさないか
・治療の選択肢をいくつか提案してくれるかどうか?

今は、良くも悪くも歯科医院は多いので、他の病院で意見を聞いてみるのも方法でしょう。
■クリニック選びのポイント
カウンセリングをしていて、よく患者さんがいわれるのが病院が家の近くだったからと言われますが、お口は身体の大事な一部です。なので、しっかりとした歯科医院を選ぶ必要があると思います。

スタッフが元気に笑顔に対応してくれて、また、スタッフや先生がよく相談にのってくれる病院がおすすめです。今は、当院をはじめとし、無料カウンセリングを行っている病院がありますので、まずはカウンセリングで先生やスタッフの雰囲気を見てみるのも良いでしょう。

治療技術はあってこその前提でポイントをあげましたが、それ以外のこととなると、最後はその先生の誠実さだと思います。
当院では、よく話し合って納得されたうえで治療をすすめていきたいので、なんでも、疑問に思ったり、気になることがあったら聞いて欲しいと考えています。

セラミック治療を受診した患者様の声voicetitle_smart_ceramic

mouth_tel
mouth_pc